Case.085

広大な敷地に40坪を超える平屋建。
「1つ1つの空間にゆとりを」をコンセプトに、玄関からLDKなど、すべての空間を開放的かつ実用的に仕上げました。

LDKは天井の高さを上げ、窓を多く設置。
リビングから外に繋がるウッドデッキが空間を広く演出します。

フローリングには無垢のオーク材を用いて、独特の風合いが自然でやわらかな印象を。

オーク(楢)は古くから家具やウイスキー・ワイン樽の材料などに広く使われています。木肌は堅く、傷がつきにくいことから床材としての利用は永い歴史があります。木目は比較的はっきりと現れ「斑(ふ)」が入るという特徴があります。

キッチンはこだわりのステンレス製を採用。
洗練されたデザインは空間を引き締めてくれます。

洗面台はオーダーで。
鏡やタイルにもこだわりました。タイルはキッチン背面と同じものを用いて統一感を出しています。

玄関入口には屋根・ポーチを設置。
雨除けはもちろん、プライバシーも確保でき自転車やベビーカーなどを気兼ねなく置くことができます。

都城市T様邸 2018年1月竣工

Structureアライズ ハイブリッド

Solar powerソーラーフロンティア

トップへ戻る