木材

使われるための歳月よりも短いという現実。

ドイツは79年、フランスは86年、アメリカは103年、イギリスに至っては141年。これは国連の調査によって分かった各国の住宅平均寿命。一方、日本の住宅はたったの30年。これほど他国より寿命が短い要因は一体、どこにあるのでしょうか。
ご存知のとおり、日本の住宅のほとんどは木造で建てられています。また日本は世界有数の降水量を誇る過酷な多湿地域。その環境において何も対策を施さずに木をそのまま使えば、腐ったり虫に喰われたりという弱点があります。しかし、数多く残る歴史的建造物などが証明しているように、木は本来コンクリートや鉄よりも長寿命なのです。平均寿命が各国と著しく異なる理由は、「木の加工処理技術」と「工法・施工」にあります。
長寿命を誇る歴史的建造物と現在の住宅との大きな違いは断熱の有無です。断熱は中に住まう人を快適にしますが、やり方を間違えると建物に過大な悪影響を与えてしまいます。木の特性を知り、最良の処理、最良の工法・施工を行うことで日本の住宅はまだまだ寿命を延ばしていけるのです。植林から50年以上かけて製品化される木材の歳月よりも、建てられる住宅の寿命が短い国は日本以外に存在しません。
タナカホームは木材処理にとことんこだわり、常に断熱と相性の良い工法・施工の技術を追求し、快適に長く遺せる家づくりを提供しています。

使わない理由は、どこにもありません。

木・鉄・コンクリート、3つの異なる素材を同じ重量で強度比較すると、木は鉄の約4倍の引張強度、コンクリートの約6倍の圧縮強度を誇り、軽くて強い優れた素材であることが分かります。
通常、地震の力は建物の重さに比例して大きくなるため、重い建物にはより大きな破壊力が加わることになります。同じ大きさの家ならば、鉄やコンクリートの家よりも木材でつくる家のほうが地震の影響が少ないと言えます。
また現在でも国土の約66%を覆う森林。そこから製材される木材は、古くから住まいの骨組みとして使われてきました。循環させることによって再生可能な資源が身近に存在する恵まれた国、日本。木が持つ優れた特性が再び注目されており、近年、大型建築物への採用も増えています。

優れたモノが地元で揃うことこそ、先進的。

森林は、私たちが暮らしを営む環境のそう遠くない場所に昔から存在しています。なかでも植林された杉は60年以上が経ち、素晴らしい品質を保ったまま伐採期を一斉に迎えようとしています。国内最大の杉生産量を誇る宮崎県。植林・伐採・搬送・製材・加工など、木にまつわる様々な産業が昔から定着しており、その能力は折り紙付き。杉は粘りがあって曲げに強く、外からの力に強い。このような木が持つ特性を存分に発揮させる優れた生産体制が地元で一貫して揃うような地域は滅多にありません。作り出される良質な木材の中でもタナカホームの木材はさらに厳選されたものを提供しています。乾式処理された一本無垢の柱がこんなにも割れが最小なのは、技術と良質な木材の提供が支えているのです。


防腐・防蟻

腐らせない・寄せ付けないために。

防腐防蟻処理を行ってない家は、15年後にはそのほとんどが腐れやシロアリの被害を受けているという調査結果があります。
腐れやシロアリでダメージを受けると耐震性や耐久性は損なわれてしまいます。実際、過去の震災被害における調査で、腐れ・シロアリ被害が発生していた住宅は90%以上が全半壊、被害のなかった住宅の全半壊は30%未満という報告がなされました。

腐れやシロアリの被害を受けてから修復しようとすると、リフォーム以上に莫大な費用がかかります。家の安心だけでなく、家族を守るという観点から考えても、災害に強い家づくりには新築時の防腐防蟻対策は不可欠。タナカホームでは、住まいの強度を保つために必要な部材に「加圧注入処理」を施し、安心してすごせる住まいを提供しています。

木材保存処理には大きく2つの方法があります。木材表面に刷毛やローラーで高濃度の薬剤を塗布する「表面塗布処理」と、管理された工場で注薬缶の中に木材を入れ減圧・加圧処理を行って薬剤を注入する「加圧注入処理」です。

「加圧注入処理」は木材に浸透する量が多くムラが少ないため、明治時代から枕木や電柱に使用され、今日でも世界的に最も多く採用されている処理方法です。加圧注入処理には、従来から使用されている湿式(水溶性)防腐・防蟻処理と、乾式防腐・防蟻処理があります。

湿式処理

湿式(水溶性)防腐・防蟻処理は従来から用いられている加圧注入処理です。大きなタンクの中に木材を入れ、水溶性防腐・防蟻処理薬剤を注入します。このとき、圧力を掛けることで薬剤の浸透効率を上げていきます(加圧注入処理)。薬剤が浸透したら注入した薬液を除き、木材を取り出します。木材は湿った状態なので「湿式」処理と呼ばれています。

乾式処理タナカホーム仕様

湿式処理と工程はほぼ同じですが、乾いた状態で処理されるので乾式処理と呼ばれています。従来の湿式(水溶性)処理では、薬剤の浸透によって木材の寸法変化が起こりやすいデメリットが有りました。一方で、乾式処理では水を使用しないことで含水率の上昇による木材の寸法変化や変形などが少なく、木材の品質と精度を維持することが可能です。湿式(水溶性)処理に比べ時間もコストもかかりますが、腐れやシロアリから家を守り、家の歪みを防ぐには、この乾式処理がベストです。

乾式防腐・防蟻処理*には主に4つの利点があります。

* 乾式防腐・防蟻処理方法は日本工業規格JIS A 9002の「加圧防腐処理方法」に準じています。

  1. 溶媒に水を使用しないため、木材が膨潤せず寸法変化が少ない。
  2. 木材への浸透性がよい。
  3. 低毒性の薬剤で処理できる。
  4. 処理後すぐに塗装・接着作業ができる。

処理加工は「JIS A 9002 木質材料の加圧式保存処理方法」に準じて行っております。


基礎

耐震・耐久・湿気に優れた強い、高耐久ベタ基礎。

ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎のことを言います。従来の布基礎と比べて基礎底面の面積が大きいので、家の荷重を底板全体で受け止め分散させて地盤やスラブ(床構造)に伝えます。結果、不同沈下に対する耐久性や耐震性を増すことができます。また、地面をコンクリートで覆うため、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

布基礎

建物の壁の下のみに連続して設置した基礎が支える仕組みで、床下に湿気がこもりやすいという難点があります。

ベタ基礎タナカホーム仕様

タナカホームのベタ基礎は、建物の外周や柱の下だけでなく、底部全体を鉄筋コンクリートで支えるので、不同沈下を起こしづらくなります。


Jotoキソパッキング工法

それは、シロアリ被害を未然に防ぐ家づくり。

基礎と土台を絶縁させることで、腐れの原因となる湿気を排除。

従来の工法では、基礎と土台が接しているため、基礎内部の湿気が土台に上がりやすく、腐れの原因となっていました。「Jotoキソパッキング工法」では、基礎と土台を絶縁させるため、湿気が上がる心配がなく、建物の長寿命化をサポートすることができます。

キソパッキンは城東テクノ株式会社の商品です。

従来の工法
キソパッキング工法タナカホーム仕様

空気の流れを嫌うシロアリを寄せつけにくい床下環境に。

建物の全周から風を取り込むことで、床下を余すところなく換気するのが「Jotoキソパッキング工法」の特長です。床下の湿気を排出することで土台の腐れを防ぐと同時に、空気の流れを嫌うシロアリを寄せ付けにくい環境をつくります。

従来の工法
キソパッキング工法タナカホーム仕様

換気口いらず。だから手間も強度低下もありません。

従来の工法では、基礎に換気のための開口部を設けるため、上端筋を切断しなければなりませんでした。しかし、それでは手間がかかるうえに基礎の強度も低下してしまいます。「Jotoキソパッキング工法」では、配筋の加工や換気口が不要となるため、施工の手間が省けるのはもちろん、基礎も頑丈に保つことが可能です。


構造

全体が一体化した強固な床「剛床工法」。

「剛床工法」とは、根太を設けず床下地合板を厚くして、直接梁材に留め付ける床組み工法で、木造軸組工法で一般的な「根太床工法」に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強い造りをしており、別名「根太レス工法」とも言います。家屋のねじれを防止し耐震性や耐風性に優れた効果を発揮します。また、床を厚くすることでたわみが減少し、床鳴りが発生しにくくなると同時に、耐火性能も上がります。

地震によって生じる前後左右に強く揺さぶる力に対して、床面がねじれようと大きな力が働きます。従来、このような力に対抗する方法として土台火打ちというものを設けることによって床が変形するのを防いでいましたが、根太を用いず、梁に直接厚い合板を張り付けることによって、床の変形を防ぐ方法を採用しています。
剛床工法は、従来の「根太床工法」と比べて変形するリスクが極めて小さく、耐震性を求める上で最も効果的な床組です。

根太工法

合板を根太に乗せて止めているだけなので、水平力に対して弱い。

剛床工法タナカホーム仕様

直接梁材に留め付け、床を面で支えているため地震時に発生する水平力に強い。


耐力壁

家にも人にも、そして地球にも優しい壁。

地震や台風によって建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁と言われる部分です。その耐力壁の強さを表すのが壁倍率です。壁倍率が1の場合、約200kgf/mの耐力をもつ壁となります。この数値が大きいほど、強い壁材と言えます。

筋かいより引っ張りに強い

壁に筋かいを入れると強度が増すことはよく知られています。しかし、筋かいは圧縮方向の力に対しては有効に働きますが、引っ張りに対しては十分な抵抗力があるとは言えません。

一般的な工法
タナカホームの工法

モイスTM。

天然素材「土壁・木」を進化させた理想の建材。

モイスTMは天然素材の鉱物「バーミキュライト」が主成分。
天然素材のみで造られているため、有害物質を含まずシックハウス症候群を防ぎ、土に還すことができる素材です。モイスTMは無機素材なので火災に強く、木のような粘り強さで地震の揺れや台風風圧なども受けとめ、建物を守ります。

地震に強い。豊富な壁倍率で外力を分散。

震災や台風など、日本は自然災害の多い国。そんな時、安心をもたらすのは住まいの頑強性。モイスTMは、9.5mm厚で壁倍率2.7倍等の認定を取得。優れた耐震性が住まいを守ります。

筋かいの場合

筋かいは、圧縮方向の力に対しては有効に働きますが、引っ張りに対して十分な抵抗力があるとはいえません。

モイスTMの場合タナカホーム仕様

モイスTMなら、壁面が一体となり、力が分散されるので、地震に強く、しっかり受け止めます。

火災に強い。無機材料だから安全・安心。

火災に耐える性能は、家族の安全を守るための必須条件です。無機材料で構成されているモイスTMは、優れた防火性能を発揮し、煙や有毒ガスの発生もありません。建築基準法に基づく法定不燃材の認定も取得しています。
不燃材認定番号 / NM-8578(5mm以上)

燃焼実験比較[バーナー加熱(30秒)後の状態を比較]

モイスは天然素材を主成分としたセラミックス。だから木質建材より防耐火性に優れ、建築基準法に基づく認定を取得しています。また、無機材料でできているので、煙や有毒ガスの発生もなく、安心です。

防火構造取得

アライズ ハイブリッドは防火構造を取得しています(30分防火)。建築基準法では延焼部分の外壁は防火構造であることが定義されています。

トップへ戻る